2012年7月28日土曜日

宇宙からの受け入れ体勢の作り方

江上です。


先日は、

レストランのたとえで、
引き寄せの法則の使い方を説明しました。

自分が騒がなければ、
求めたものは与えられる、そういうことでしたね。



そして、
じっと座って呼吸を数えるというワークをやってもらいました。

これを瞑想(めいそう)といいます。



じっとして、心を落ち着かせる。

たったこれだけのことですが、
実は、これが、大事なんです。



レストランのたとえでいうと、

この心の状態が、

受け入れの状態、
つまり、テーブルに行儀よく座っている状態です。


こうなってはじめて、
注文したものを受け取ることができます。

人の心って、
ふだんはほんと、わめいてるガキの状態なんです。

しょーもないことばっかり考えて暴れます。



しかし、

いつも瞑想の時の心でいられれば、
いつも「受け入れ体勢」でいられるってことなんです。

エイブラハムの本では、
「許容・可能にする術」と言っていますね。



引き寄せの鍵は、

なにかをするというよりも、
なにかをしないということです。

おとなしくしていれば
注文した料理が運ばれてくるわけなので、
それを待っていればいいんです。

「受け入れ体勢」です。

それだけなんです。



じゃあ、

どうすれば、
普段からその状態でいられるんでしょうか?

それはあなた自身の意図の問題です。

そうありたいと願うことが、
そうさせてくれます。


また、

普段から瞑想を習慣にすることで、
その感覚を保ちやすくなります。

ネタバレしちゃいますと、
これが波動を上げる方法のひとつなんです。



たった5分でも、違います。

すでに実行したあなたは、
「ソースとつながる」という感覚を体感したということです。

ソースの受け入れ体勢とは、
なにも特別なことではありません。



ふと思い出したときに、
ちょっとやってみてください。

気を張らずにやってください。

気楽に、というのが大事です。

肩ひじ張って
目をギラギラさせてやるのは、
波動下がってますから 笑
(テーブルで騒いでる状態)



なお、瞑想の時間は15分とか20分くらいにしておいてくださいね。

がんばりすぎは、よくないです。

ではまた。







追伸:

8月25日(土)の午後、空けておいてください。

まあ、先に言っちゃいますと、
世界中どこからでも参加できるセミナーを考えています。

10 件のコメント:

  1. タックルねこ2012年7月28日 13:03

    あ、やっぱり15分以上なんですね!
    慣らしていきます。
    いつも教えていただいて、ありがとうございます!

    返信削除
  2. 受け入れ体制の御説明においてはシンプルで非常に解りやすいのですが、あくまでも私のいろいろな本を読んだうえでの見解ですが、現物質界(幻想)においては、時間(幻想)というものがあり、希望実現までに、時間差が生じるにではないのでしょうか?例えば、実現が来生になるとか、個人差があると思います(カルマ等)瞑想等で、思考を止めるのも、1つの方法ですが、人間ほとんど左脳よりで生きていますので、ネガティブに言っているわけではないのですが、体質 経験 選択 性格が非常に影響すると思っています。このあたりを、詳しくご伝授いただければ嬉しく思います。

    返信削除
    返信
    1. 選択とカルマによります。

      削除
  3. セミナー楽しみです。が、日中は仕事なので19時以降を希望いたします。

    返信削除
    返信
    1. 録画も見られるようにする予定です。

      削除
  4. ぱんくろー2012年7月28日 21:23

    了解です。
    ありがとうございました(合掌)

    返信削除
  5. いつもありがとうございます!
    エイブラハムの瞑想CDがきっかけで瞑想を始めて13ヶ月が過ぎました。
    心がざわついたとき自然と思考を止めたくなって(ネガティブを引き寄せたくないから^^)瞑想するときもあります。何だかソースとつながってる気がする感じが私は好きです。難しいことはわかりませんが自分の感情をコントロールしやすくなった気がします。波動語・・と江上さんの表現がわかりやすくて大好きです。いつも波動を上げたい~上げる方法を知りたいって思っていたのでめちゃめちゃ嬉しくなりました。セミナー楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. お、長く続けてますね。偉い!

      削除